« そして今朝のすう。 | トップページ | 今日もビックリ。 »

本「ADHDのおともだち」

書店に取り寄せを頼んでいた、

「発達と障害を考える本4・ふしぎだね!?ADHDのおともだち」

                          ミネルヴァ書房

            内山登紀夫・監修  えじそんくらぶ高山恵子・編

を昨日入手いたしました。困っている5人の「おともだち」を具体例として、周囲がどうやって支援するとうまくいくのか、ADHDの特性に沿った支援とはどのようなものか、という本です。子どもでも読めます。モモもささっと読んでしまいました。最近、ニキリンコさんの本も読んでいる彼女・・・。

このなかで、すうとよく似たタイプの子は

①3年生 しょうたくん 忘れ物が多すぎる 

                              片づけが苦手

⑤6年生 こうすけくん 休み時間にけんかばかり 

                               かっとなりやすい

です。最近のかんじでは。

特に、担任は身辺整理をどう促したらいいのか、悩んでいるようだったので、

しょうたくんの項目を読まれると、有効なのでは?と思いました。

この本を、学級図書においてもらうほどの度胸は今はまだありません。

でも、大人にとっても、とても分かりやすい、いい本です!

|

« そして今朝のすう。 | トップページ | 今日もビックリ。 »

自閉症などのお勉強」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本「ADHDのおともだち」:

« そして今朝のすう。 | トップページ | 今日もビックリ。 »