« 今度はモモの番! | トップページ | そして今日はえみりーの番! »

「僕の歩く道」第6話

「思いだすこと」で書きましたが、「すうにはもっと厳しいしつけが必要だ」と思いこんでいた頃のワタシは、すうを怒ってばかりいました。

今日の、テルくんのめがね屋での「わらったかお」という言葉は、

「できすぎだあ」と思いつつも、

その頃すうがかいた私の怒った顔の絵を思い出してしまいました。

私は、すうの障碍のことがなかったら、きっと教育ママになっていたと思います。

真樹(テルくんの義理の姉)よりすごかったかも。

すうの気持ちも、モモの気持ちも、考えようとしなかったかも。

あの絵はとてもつらいけど(直視できないです)、私が忘れちゃいけないことを、すうに教えられた絵だと思っています。

プー両親が大事にしまっててくれるみたいです。

ところで、すうは毎晩寝る前に「ママ大好き」と、

もう、しつこいぜってくらい繰り返して言ってくれます。

私がちゃんと「ママもすうのこと、大好きだよ」って言わないと、

「・・もう、キライ?」と必ず聞きます。

今はめったにすうのことを叱らない私ですが(もちろんたまにはやってしまいますよ)、

すうは、私にきらわれちゃったら、またあんな風に怒られる日々が戻ってくる、なんて不安に思ってるのかもしれないな。

きらわれないために、「大好き」を連呼してるのかも?

おお~営業がんばってるね。

どんなすうでも、いつでも、大好きだよ。

もちろんモモも、大好きだよ。

|

« 今度はモモの番! | トップページ | そして今日はえみりーの番! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「僕の歩く道」第6話:

« 今度はモモの番! | トップページ | そして今日はえみりーの番! »