« お休みが待ち遠しいけど。 | トップページ | 明日のセミナー »

「僕の歩く道」最終話

草薙くんのドラマが終わりました。

みんないいひとになっちゃって、

「やっぱり、ドラマじゃん~」というシーンが多かったけれど、

自閉症を全く知らない人に、少しだけ知ってもらうには、いい風にできあがっていたと思います。

そう、「レインマン」を全く知らない世代に。

私の要望としては、テルくんが小さい頃、お母さんが大変だった場面をもっと入れてほしかったです。

そのほうが、ずっとリアルになります。

多動で、家から飛び出してしまうとか、すぐ迷子になるとか。

そういう大変な少年時代を家族が支えて、今の落ち着いたテルくんがあると。

あと、テルくんの精神科のドクターは、あまりクライアントを持たない主義なのでしょうか。

いろんな非常事態に対応していただけて、家族までとても助かるドクターですね。

(加藤、いい役もらえたな)

|

« お休みが待ち遠しいけど。 | トップページ | 明日のセミナー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「僕の歩く道」最終話:

« お休みが待ち遠しいけど。 | トップページ | 明日のセミナー »