« 雛飾り事件。 | トップページ | 男子と女子 »

たんこぶ。

お風呂で、すうのおなかに絆創膏が貼ってあるのに気づきました。

どうしたのか尋ねると、外の掃除から戻るときに、

出入り口そばのアスファルトで転んだのだそうです。

おでこにすり傷のあるたんこぶ、足はあちこち打ち身で青あざになっています。

自分で転んだそうですが、ひどくこけたもんだね~。

泣かずに、ひとりで保健室に行って、手当てしてもらったのだそうです。

連絡帳に、担任からケガについて何も書かれてなかったねえと言いますと、

「だって、先生には言ってないもん」との返事。

私は、3学期になってパニックの回数が増えているすうが気がかりで、

「イライラしたら、みんなから離れた方がラクになるよ。保健室に行っていいんだよ」と繰り返し伝えてきました。

保健室の位置は、すうの教室からすぐ近くの階段を降りたところです。

ところが、すうの友人トキくんがある日、

「頭がいたいので、保健室行ってもいいですか」と

授業中に尋ねたのだそうです。

トキくんがほんとにしんどかったのか、ちょっとサボりたい気持ちだったのかは

分かりません(でも、それほど要領いいタイプでもなさそう)が、

担任は「頭が痛かったら、勉強しなくていいと思ってんの!?」と

(すう的には)威圧したのだそうです。

それっきり、すうにとって保健室は、

「体がしんどくても行ってはいけない所」になってしまいました。

がっかりだよ~!

保健室の先生に、すうのこともお願いしてあるのに。

担任の一言で、保健室はもっと遠のきました。

もちろん、すうの情報の受け取り方が特殊だといえばそうかもしれません。

でも、そういう子もいると知ってほしくて、この1年、私なりにいろいろやってきたし、

すうはストレスに耐え、我慢してきたのにな。

もう、早く今の学年が過ぎてしまえばいいという気持ちと、

もう一度、担任とひざをつき合わせて、話してみたい気持ちが

私の中でいったりきたり。

|

« 雛飾り事件。 | トップページ | 男子と女子 »

小学校で」カテゴリの記事

コメント

悩みますよねー。
保健室の先生が来年も移動がなさそうなら、保健室の先生に、この頃の様子をお話をするっていうのもいいかも?です。
KAZUはこれまで、病気がちだったのもあって、保健室の先生のほうが、なんだかなあーって感じの担任よりも、理解があったように思います。
保健室の先生のほうから、担任に「どうですか?」って突っ込んでもらう図式もありなんじゃないかなと思ったりもします。
保健室だよりには、心も体も健康ですか?と、いつも書いてありますからねっ。

投稿: KAZUはは | 2007年2月14日 (水) 21時31分

保健室の先生には、1年生の秋の「どうやら、すうは自閉スペクトラム圏内の子どものようだ」の時点で、お話をさせてもらっています。不注意と不器用でケガをしやすいこともあり、また彼女は大学の同期で、共通の友人などもいるので、話しやすいベースもあり、ラッキーだったなと思っています。でも、この小学校でそろそろ10年目なんじゃないかしら。保健室の先生も他の先生同様に移動されるんでしょうか?その事も確かめつつ、授業後に保健室にふらっと寄ってみようかな。「保健室の先生から担任へ」それは、いい切り口かも。アドバイス、ありがとうございます。
昨日、近くの中学校の保健室について近所の人に聞きました。中から施錠し、ほんとに病気で体がつらい子しか入れてもらえないそうです。保健室の廊下には、スキあらば中に入ろうとする子たちがウロウロしているんですって。違反の服装で登校すると、学校にも入れてもらえないそうです。教室に入りたくても入れない子は、一体どこへ行けばいいのでしょう。

投稿: えみりー | 2007年2月16日 (金) 08時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たんこぶ。:

« 雛飾り事件。 | トップページ | 男子と女子 »