« だんだん荒れ模様 | トップページ | 職場のことグチってもいい? »

3年生最初のパニック

夕飯を食べていましたら、すうの担任のコアラ先生から電話がかかってきました。

はい、すうはやっぱり不調真っ只中なのです。

本日、5時間目の算数の授業中に、パニックを起こして暴れたようです。

怒りの矛先は、トキくん。

はじめのうち、すうは自分の教科書のふちをやぶいていたそうですが、

トキくんを下敷きの角でたたき、その後リコーダーで頭をたたいて、

たんこぶができてしまったそうです(泣)。

そして、アオヤの席に置いてあった通学帽に「しね」と書いたそうです(号泣)。

おまけに、その帽子は実はアオヤのではないというオチまでついてきました~。

コアラ先生は「これが、前担任の言っていたパニックか」と思われたそうです。

パニック時、「なるたけ他の子たちから離して、まず落ち着かせてほしい」と強くお願いしていましたので、

一緒に廊下に出て、すうの気分を変えさせようと、

こちょこちょとくすぐったりしていたそうです。

それも、どうなんでしょね~。

なるたけ、静かに落ち着かせてほしいんですが。

でも、一緒に算数を受けている子たちは「どうしたの?」「何があったの?」と集まってきます。

そりゃそうだよね。

さて、すうは、

「パニックにいたるまでの、

ここ最近のトキくんの思いやりに欠ける態度に対する不満の蓄積」

「そして、アオヤの暴言に対する傷心

(すうトキで遊んでいるところへアオヤが加わると、トキアオヤでくっつき、

すうはいろいろきついことを言われた挙句、泣いて帰ってくるのです)」

なんて説明できません。

そして、案外弁が立つトキくん。

「すうって、いっつも突然怒り出すんだよね。

それほどのことでもないのに」

と担任にこぼしていたそうです。

これでは、すうだけがただのキレ系あぶない奴ではないか!

電話を切ってから、せめてその「しね」帽子を見せてもらおうと、

学校へ行ったえみりー。

コアラ先生は、まさに帰るところでした。

車に乗って、エンジンかけようとしていたんですから。

そこを呼び止め、帽子を見せてもらいました。

後側に、小さく書いてありました。

前やつばのところにでっかく、じゃなかったので、ほっとしました。

「しね」をベンジンなどで消そうとしてくださったらしいです。

私はその帽子を預かってきました。

泡のハンドソープやアルカリウォッシュなどを歯ブラシにつけて、すうに洗わせました。

でも、完全には落ちません。

「これで、持ち主の子がいやだと言ったら、すうのおこづかいで弁償だよ」と話しました。

学校にいる間に、すうとトキくんの力関係や、

最近トキくんに冷たくされたことが尾を引いていること、

こないだの通院で、抗うつ剤が処方されたこと、

服用しても、眠れなくなってきていることなどを

立ち話でコアラ先生に話しました。

でも・・・コアラ先生って、めんどくさがりなんです。

おまけに、そのルーズさ(大らかさ?)に不思議な肯定感を持っているようなので、

「まあ、大丈夫ですよ」とカンタンに言われてしまうのです。

そして、コアラ先生のもっと不思議なところは、

話している間だけは、「この人の言うとおりかもしれない」と思わせてくれちゃうところ。

えみりー!コアラマジックにかかっちゃだめ!

・・・家に帰れば、このマジックは消えるんですが。

はい、たちどころに消えました。

夜、8時半にすうは布団に入りました。

白状します。

ここのところ、抗うつ剤もあまり効果ないようだったので、

すうに花粉症の薬を飲ませていたのです。

眠らせようと思って。

でも、さすがに今日はすうの気持ちがおさまらない。

久々の寝る前暴れでございました。

叫び、じたばた、枕投げ、かけ布団蹴り、枕かみつき、パジャマかみつき、私かみつき。

私は、すうを止めようとはしませんでしたが、

「今日は、それだけ、しんどかったんだね」

「アオヤからは、なるたけ離れていたほうが、すうがハッピーなんだよ」

と繰り返していました。

それでも、10時には眠ったので、去年よりはましだわ。

そう、去年の方が、何もかもずっとひどかった。

そう思いつつも、、私は心臓ドキドキでした。

|

« だんだん荒れ模様 | トップページ | 職場のことグチってもいい? »

小学校で」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3年生最初のパニック:

« だんだん荒れ模様 | トップページ | 職場のことグチってもいい? »