« 久々気晴らし☆ | トップページ | 週末、どう過ごす?1 »

すうの個別指導案検討会

コナちゃんと会って、帰宅してから、急いで夕飯のカレーを作りました。

4時半から、学校ですうの個別指導案を検討する話し合いにプーと私とで参加するため、

早めに夕飯の下ごしらえだけでも済ませておこうと思いまして。

最近のすうの食ブームはバターごはんとコーヒー牛乳です。

朝からバターごはんを2~3杯食べれば、カロリーだけはばっちり!

このところ食欲も低下ぎみなのですが、ヤセなさそうです。

*  *  *

さて、話し合いは、すうの教室において、担任・通級の先生、私・プーで行われました。

本音をいえば、ここに教務か教頭先生が加わってほしいところです。

テーマは「一学期の短期目標とそのためにすること」です。

すうが今いちばん困っているであろうことは、「友だちとのかかわり~パニック」

ですが、これは短期で解決できる問題ではありません。

それに、何より大切なのは、コアラ先生にとっても取り組みやすく、結果が出やすいこと。

なんせ、ルーズでめんどくさがりですからね。

のほほん~♪な雰囲気はいいんですが。

話し合いの途中でも、「う~ん、めんどくさいなあ」と言葉にはされませんでしたが、

明らかにそう思っている雰囲気、何度かありました。

主に私から要望など述べまして、

①連絡帳が書けない、書けても途中までだったりする

 →一番前の席になったので、なおさら後ろの黒板は見づらい。

  裏に磁石のついた短冊黒板に翌日の予定を書いて、前の黒板に貼る。

  ちゃんと書けたか、担任がチェック(すうを含む気になる数人だけ)。

②身辺整理・持ち物管理ができない

 →状態が悪いと、よりできなくなる分野である。

  プールが始まるので、体育の着替えに焦点をしぼって、

  脱いだ服はプールバッグに入れる(クラス全員に指導)。

③時間割りの科目変更(特に、好きな理科)がストレス

 →できるだけ、書いて伝える。

  事前に示せば、変更受け入れはOK。

そして話は長期的なことにも及びました。

すうが小学校にいる間に身につけてほしいことは、ずばり「パニックの回避」。

最近のパニックは、すべて、友だちがらみで起こっていることです。

回避することは、まだすうには難しい。

でも、担任がみんなから離してくれているので、

「離れると、落ち着きやすい」ことがだんだん分かってくるといいと思う。

クラスのみんなには、「ひとりひとりしんどいことは違う」って知ってほしいし、

「パニックのとき、そっとしておいてあげると、すうくんは元に戻れる」って知ってほしい。

そんな話をしていて、担任が(長期的目標として)「腹が立っても、相手に手をあげない」と言いました。

通級の先生から待ったが入りました。

「私、~ないという否定的な言い方はあまり感心しないんです。

内容は同様にして、言葉を検討させてください」

こういう心くばり、うれしいなあ。

どうか、この話し合いが「絵に描いた餅」になりませんように!

すうにとっても、他の子にとっても、過ごしやすいクラスになりますように!

|

« 久々気晴らし☆ | トップページ | 週末、どう過ごす?1 »

小学校で」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すうの個別指導案検討会:

« 久々気晴らし☆ | トップページ | 週末、どう過ごす?1 »