« ダークライはゲットしたけど | トップページ | トキくんに伝える »

ケシカスくんトラブル

すうのお気に入り「コロコロコミック」。

ギャグマンガが主流で、あとはちょっとゲームっぽい冒険バトルマンガ。

最近、モモの癒しにもなっています。

すうも、「疲れたとき、しんどいとき、コロコロ読むとおちつく」のだそうです。

その中でも、すうは「ケシカスくん」という文房具たちのギャグが好きで、

自分の消しゴム(すうは4つくらいを同時進行で学校や家で使っています。

なにしろしょっちゅう落とす・なくすので)に細いマジックで顔をかいて、

「ケシカスくんだ~」と喜んでいます。

1ヶ月ほど前からの、すうブームです。

どうやら、仲間うちにも広がったようです。

学校の昼休み、教室でトキくんアオヤとケシカスくんで遊んでいて、

女子3人に「なにこれ、ヘンなの」と言われ、

またもや、すうはブチッとキレました。

筆箱で、女子たちをぽかぽかたたいてしまったそうで。

おまけに、ひとりを突き飛ばして泣かせ、

帰りは別のひとりにいちゃもんをつけていたそうです。

すうにしてみれば、大切でお気に入りのケシカスくん。

女子にしてみれば、変てこな表情で、パンツまでかかれた消しゴム。

そして、女子の言い分は「すうくん、私たち何もしていないのに、

いきなりたたいてきた」。

それっくらい、自分のこだわっているものをからかわれるのは

イヤで腹立たしくなるんだなあ。

「軽い冗談」を飛び越して、「強く否定された」ように感じてしまう。

昨日のことなので、今日の朝、教室でちょっと話し合うと担任に言われました。

夜寝る前、暴れはしませんでしたが、

すうはえんえんといつ終わるともしれないポケモンの話を語り続けました。

それが済むと、今度はトキくんへの不満を語りました。

私はひたすら聞いています。

すうは、わりかしルールは守らなくちゃ、と思うほうです。

ところが、トキくんは、そうでもないようで。

学校のそばにある資材置き場からいろんなものを失敬してくるのだそうです。

ねじだったり、板きれだったり。

ほとんど無人状態ですので、すうが注意しても、

「ヒトがいなけりゃ、いいんだって」と取り合ってもらえない。

トキくんの団地で先日通路の工事がありました。

現場を通ってはいけないと表示されていたらしく、「ダメなんだよ」と言ったら、

「遠回りするのいやだし、誰もおらんからいいんだ」とやはりトキくんは我流を通したそうで。

少し前、すうは新品のカサを、トキくんにぼろぼろにされました

(すうもカサの扱いが雑なので、使っているのは激安のカサです)。

身辺整理もできないすうですが、自分のものはすうなりに大切にしています

(客観的に見ると、そうはうつらないかもしれません)。

「モノなんか、新しく買いなおせばいいんだ」

トキくんの言葉が、すうの心に残ります。

すうは、こういうひとつひとつのことがとても気になるようです。

モラル・ルールですからね。

性格やこだわりのように「みんな違うんだよ」だけではナットクできづらい。

おまけに、大好きなトキくんだもの、すうは悩んでいます。

こういうこともえんえんと語りまして、

「・・・まだ、気持ちがすっきりしないなあ。眠いんだけど。

ケシカスくんのことからかわれたせいかなあ」

と言っておりました。

|

« ダークライはゲットしたけど | トップページ | トキくんに伝える »

小学校で」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ケシカスくんトラブル:

« ダークライはゲットしたけど | トップページ | トキくんに伝える »