« コアラ先生と話す | トップページ | ドラマ「マラソン」 »

何かしていないと

イカン、何かしていないと、泣いてしまいそうだ。

今日はこのあとヨガ教室。

すうが帰ってくるから途中退出しないといけないけど、

何かしていたいから、出席しよう。

いやあ、今日の午前中は発達障害セミナーの4日目で、情報交換会だったんです。

で、子どもが幼・保・小3までのグループ、小4~6のグループ、中学生のグループに分かれて話しあったりしたんですが、

私のグループは6人で、知的に困難なお子さんを持つ保護者の方がほとんどでした。

だから、困難の場面がかなり違ったんですよ。

「悩んで、眠るのに2時間かかる」「このような聴覚過敏と偏食だ」と話しましたら、たいそう気の毒がられまして。

1+5=6が計算できても、3けたの筆算ができても、5と6のどちらが多いかは理解できていないという小3の女の子のお母さんもおられました。

「そこを、どのように支えるか」、正直私も分かりません。

実物(たとえばミカン)でも、なかなか入っていかないそうでして。

自営をしながら、夫婦二人三脚でお仕事から育児までがんばってみえるお父さんもおられました。

でも、今日出席してみて私が思っちゃったのは、

「すうという子は、知的障害がない代わりに、生きるつらさがとても強いんだなあ」と。

「ああ、私はほんとにしんどい子の母親なんだなあ」と。

そんなことをしみじみ感じてしまったわけなんです。

ちょっと落ち込み?かなあ。

|

« コアラ先生と話す | トップページ | ドラマ「マラソン」 »

自閉症などのお勉強」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何かしていないと:

« コアラ先生と話す | トップページ | ドラマ「マラソン」 »