« 「光とともに・・・」12巻 | トップページ | おからケーキ »

通級をお休みしました

2学期も、残すところあと3週間ほどになりました。

今日は先生のご都合で変更になった通級の振替(?)予定日でした。4時半すぎに学校へ行くつもりでいました。

すうが帰宅したのは、午後3時。今日通級があることはカレンダーにも書いてあり、昨日も今朝も話してありました。でも、なんだかすうは疲れていたのです。だらだらとコロコロコミックを読みふけり、漢字ドリルの宿題を始めたのが4時少し前でした。

1学期の終わりごろも同じだったんですが、2学期もコアラ先生が「漢字テストで80点以上取れなかったら、冬休みなしで学校に来て、漢字の勉強だ」と言うのだそうです。そして、漢字の苦手なすうが取れたのは70点で追試があります。コアラ先生のいうてきとーなコトなんか、信じなくてもいいのに・・って難しいか。とにかくすうにはプレッシャーなんです。

というわけで、普段以上に漢字に対して苦手意識が強い本日。一行書くのにも、やたらと時間がかかります。筆圧よわく、やる気なさげ。不機嫌モードながら、なんとかノート1ページを漢字で埋めることができました。すでに、4時20分。調子のよくないときに時間に追われるのって、すうには特につらいんだよなと思いつつ、公文のプリントを3枚させました。昨日「疲れてるからやりたくない」と言ったので、免除しました。だから、今日はがんばらせたかったのです。でも、これも結構な負荷だったみたいです。あとは、音読の宿題だけになったところで、すうが泣き出しプチパニック。超早口で読もうとしたところを、私が「そんなに急がなくてもいいから」と横やりを入れたのが発端になりました。回復まで少しかかりそう。通級の先生にメールを入れたら、「無理しなくていいよ」とお返事くださったので、私も気がらくになりました。ベッドに入って、かえるの抱き枕を抱きしめて泣いているすうに、「じゃあさ、お母さんだけ、ちょっと通級の先生とお話してくるからさ、すうはその間、宿題の音読をちびこに読み聞かせしてやってよ」と提案したら、すうの表情がぱっと変わりました。宿題、そして通級がちょっと今日のすうには負担だったみたいです。すうは国語の教科書を持って二段ベッドの上段にあがり、不審そうな表情のちびこに構わず、音読をしておりました。いつもより、うまいじゃん。

私はこっそりすうの本棚からコロコロコミックを一冊持ち出して、学校へ。通級の先生に「トレジャーガウスト」を見てもらいたかったのです。もちろん、すうのいないところで。はい、通級の先生も、「う~ん、これは、ちょっとなあ・・」とおっしゃっていました。

その後、すうの教室へ。かるく机周辺のチェックです。おや!今日はいつもよりかなりきれいだわ。・・・というより、すうの周りにすごい机がちらほら。おかげで目立たない・・。たまりにたまった、くしゃくしゃのプリントをスーパー袋に入れたのが上にどんと置かれている机もあります。コアラ先生、なんとか持ち帰らせようとの手段なんでしょうけど、これは、持ち帰りたくなくなるよ。教室後ろのロッカーの上には、大きな落し物箱がふたつ。どちらにもいろいろなものが入っています。すうのえんぴつも3本ありました。箱、ふたつもなくてもいいんじゃない?そして、相変わらず、ロッカーの上はアオヤの私物だらけ。国語の教科書も何かのノートもたくさんのプリントも体操服もあります。そして教卓も先生の机上も、モノだらけです。先生のものも、宿題や提出物など子どもたちから集めたものもあります。

今週、他学年の研究授業のため、3年生の全クラスが自習だったときがあったのですが、他のクラスは静かに自習していたけれど、すうのクラスだけが騒がしくなり学級委員が先生を呼びに行ったそうです。コアラ先生は研究授業を見に行っていたので、たまたま職員室にいらした通級の先生が注意をしに来てくれたそうです(もちろん通級の先生から聞きました)。男子数名が騒いでいたそうで。すうはといえば、夏休みになんとか定着した、辞書引きを一心にしていたそうです、なぜだか通学帽をかぶったままで。もちろん通級の先生の方も見ず(かなり意識していますね)、無言で。

コアラ先生の、言っては悪いけど、だらしないところが、なんだかクラスにも蔓延しているような印象を受けます(いや、私だって片づけられない女なんですけど、少なくとも会社の机上はきれいだよ。午後、別の人が使ってるしね)。ルールがないというか、守らなくてもなんだか許されちゃうルールしか存在しないような感じ。こんなんで、いいのかなあ。こういうのを無言で許しておいて、コアラ先生は「あゆみ」に辛らつなことを書くのだ。なんだか大人気ないぞ、と思っちゃう私。このあいだ先生の教卓に「休み時間がなくなるぞ」「教科書開いて」などといろいろ指示が書かれた画用紙を見たけれど、ひょっとして、口頭では指示が伝わらないほどみんな聞けなくなっているのかも。書いて示してくれた方が伝わるとは思うけど。この雰囲気のまま2学期が終わり、3学期になって4年生になっていくのって、心配だ。すうだけでなく、クラスの落ち着かない子たちみんなが。

|

« 「光とともに・・・」12巻 | トップページ | おからケーキ »

小学校で」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 通級をお休みしました:

« 「光とともに・・・」12巻 | トップページ | おからケーキ »