« 大焦り。 | トップページ | すうの個人懇談・通級の先生と »

すうの個人懇談・担任と

今日から、小学校の個人懇談会です。

私は本日の一番最後の時間帯。日程はいつでもOK、ただし時間帯は一番最後にしていただくようお願いしています。

子どもたちは短縮日課の4時間授業で帰ってきます。遊べる時間が長いから、すうは喜んでいるだろうと思いきや、あまり元気がありません。

「誰か(って、トキくん以外にはいませんが)と遊ぶ約束した?」「・・してない」「・・そっか、じゃあ、しばらくゆっくりしてから宿題しよっか」

ごろごろしていたすうが「・・たいくつ」と言ってきました。不機嫌そうです。

どうやらすうはとってもトキくんと遊びたいけれど、今日もトキくんはアオヤと約束をしたようです。アオヤが入ると楽しく遊べなくなってしまうそうで(つまりすうがはじかれる)、「オレも入れてくれよ」とは言えないそうです。すう、ちょっとべそかき。トキくんとだって、対等に遊べているのかどうか、分かりません。親としては、もどかしく思ってしまいます。もっと別の子と遊んでみればいいのに。やさしい男の子だってクラスにいるんだけどなあ。でも、それがすんなりできれば苦労はないよってか。

こんなとき、すうは何をしたら気分が変わるのかなあ。とりあえず、今日のところは、おやつ代100円(特別のおこづかいです!)を持って、近くのスーパーへ自転車で行ってみることに。ひとりでスーパーまで行くのは、実は初めてです。大きな信号交差点があるのでちょっと心配でしたが、行かせてみました。すうは97円のプチガム・コーラ味を買って帰ってきました。お菓子にもこだわりというか、好みのムラがありまして、このあいだ好きだった焼き肉三太郎が今日も好きとは限らないのです。だから、やっぱり自分で選ぶのが一番。

ガムをくちゃくちゃやっているすうを置いて、私は学校へ向かいました。教室の廊下に着くと、地味なアオヤのかあちゃんがいました。私は自分が3時半からだと思い込んでいたのですが、

「こんにちは、アオヤナギさん。何時からですか?」

「3時半」(なんだかぶっきらぼうだわ)

・・・また、私は思い込みで時間を間違えたみたいです。手帳も置いてきてしまったので確かめられなかったのですが、おそらく3時50分からだったのではないかと。でも、移動するには寒すぎたし、廊下に落し物が並べてありましたので、すうのものを探していましたら、かなり時間もつぶれました。通学帽(名前書いてあるのに)、えんぴつ数本(名前書いてあるのに)、消しゴム、油性ペンを見つけました。しかし、他にもあるある。えんぴつをかじりまくっているのは、どうやらすうだけではなさそうです。先週持ち帰らなかった、体育の赤白帽子はありませんでした。誰かの体操服袋に入ってしまっているのかな。

コアラ先生とアオヤのかあちゃんは、話しこんでいます。コアラ先生があれこれしゃべっているようです。隣のクラスの先生の明るい声は廊下までよく聞こえるけど、コアラ先生の声はほとんど聞こえません。おでんの鍋を火にかけたままで来ちゃったけど、大丈夫かな。すうの留守番、長くなっちゃったなと思いつつ、掲示された書道を見ていました。各自、「夕立」の字を書き、自分がどこをがんばったかのコメントもかかれています。すうのは「カスれないようがんばった」です。「けしカスくん」のしゃれです。実際のすうの書道は、カスカスにカスれていました(爆)。墨汁のつけぐあいや筆先の整え方、書き始めやとめ、はらいなど全くわからないままに書いているのだろうなあ。そして道具の始末もお粗末なんだろうなあ。書道は、まあ、いいんですけど、好きな絵の道具の使い方くらい、もうちょっとなんとかなってもいいんじゃないかなあ、なんて思ってしまいました。絵の教室をやめてから、絵の具を使う機会は図工の授業しかありませんので。

やっと私の番がきました。

まず、「健康の記録」という身体測定の結果表を渡され、「自分でつけたあゆみ」を見せてもらいました。2学期がんばったことの欄には「リコーダーがうまくなった」とありました。お♪家でぜんぜん練習していないけど、苦手意識は薄くなったのかなあ。

コアラ先生は、「落ち着いて過ごせていますし、それほど大きな問題はないです。百マス計算も早くできるようになってきましたよ。10分近くかかっていたのが、3分台でできたこともあります。パニックも2学期はなかったと思います。他の子の方が大変なこともありましたしね。まあ、去年は、かなりなメンバーの集まったクラスで落ち着けなかったんでしょう。それに、今の席位置(1番前で廊下から2列目)にしてから、授業中に立ち上がることが減りました」というようなことを話されました。

そんなことを言われると、嬉しくなってしまいそうですが、コアラマジックにかからないよう、シビアに聞いておかなくては。

こだわりの部分で思いがかなわなかったり、自分が大切に思っていることを誰かに否定されたりすると、大変なストレスになってしまい、一層こだわりが強くなることをお話してきました。つまり、最近では「ネッシーその他のなぞ系生物」の存在について、がメインですね。コアラ先生もうなずきながら聞いてくださり、くすくす笑いながら「ほんとに面白い子ですね」と言ってくれました。まあ、すうのしんどさにはなかなか寄り添えないコアラ先生ですが、「面白い子だ」と思っていてくれるだけで、ありがたいです。「めんどくさい子だ」「協調性ゼロなやつだ」と思われてしまうと、居心地が一層悪いでしょうからね。

ただ、算数のクラス分けでは、「すうとトキくんは違うクラスにする」とほぼ決めていらっしゃるようです。私は特に異存はありません。お互いが集中できるほうがいいでしょうし。放課後トキくんと遊びたいけれど、なかなかその思いがかなわないようだ、ということはコアラ先生もご存知のようでした。

私は、すうがコアラ先生のことを好き、まではいかないけれど、まあまあ普通、くらいに思っていることを、失礼のないように伝えたい、と思って、「先生がポケモンのレジギガスを知っててびっくりした、ってすうが言っていましたよ。うれしそうでした」なーんて言ってしまいました。あと、「トレジャーガウスト」に入れ込んでいることががちょっと心配なこともお話してきました。

|

« 大焦り。 | トップページ | すうの個人懇談・通級の先生と »

小学校で」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すうの個人懇談・担任と:

« 大焦り。 | トップページ | すうの個人懇談・通級の先生と »