« 日曜がだいなし | トップページ | うちの子たちの春休み »

教頭先生と面談

う~ん、不完全燃焼気分。

お互い、何の準備もせずに面談してしまったのがいけなかったのでしょう。

これで、4年の担任がNGだったら、と思うと、う~~~。

*  *  *

年度末ぎりぎりになってしまいましたが、3月半ばにコアラ先生にメールでいくつかのお願いごとをしました。

・紛失物についての問い合わせ(体育の赤白帽子をふたつ紛失中。教室におそらくある)(図書室の本の返却を延滞してるが、本そのものが紛失中。教室におそらくある)

・教務の先生との面談の日時設定をしてほしいこと

・年度の最初に渡される持病や既往症などを記入する用紙に、障害名を書いてしまったので、来年度初日に本人の目にとまらないよう、対処してほしいこと

紛失物については、すぐに対処してくださいました。

面談について、今朝、こんなメールがきました。

「教務の先生が大変忙しく、なかなかえみりーさんと時間が合わない。面談は教頭ではいけないでしょうか」

通勤の途中でしたが、「去年、教務の先生とお話させていただいたので、今年もそうした方が話が通じやすいかなと思っただけです。教頭先生でも全く構いません」と返事を打ちました。コアラ先生は、私の返信に気づかなかったのか、教頭先生が忙しそうだったのか、教頭先生には全く話を通していなかったみたいです。

しかし!私、今年度からいらした今の教頭先生と話したこと、全くないんです。でも、まあ、教頭先生と話すときまでに、去年教務の先生と話したこと(去年の今頃記事にしたので残っています。ブログはほんと便利)、今年度のすうの様子、知っていてほしい特性、来年度にお願いしたいことをまとめていけばいいか、と思いつつ、会社へ向かったのです。

私は交渉ごとが苦手です。そして、面談しても、話題がそれていきやすいです。だから、話したいことを箇条書きにしていく必要があります。相手に伝わらないと面談の意味がありませんので、去年は箇条書きにしたメモを教務の先生に渡したと思います。

そもそも、今日の午後は、コアラ先生に面談し、

①今年度のお礼

②算数の2けた×2けたの筆算の仕方:

 (学校ではどう指導しているのか・間違えやすいすうの方法を検討してもらう)

この2点だけを目的としていました。

だから、私が適当に作った、筆算4問をすうにさせたものだけ、持参しました。

コアラ先生とのお話は、なぜか保健室で、手短に終わりました。

「それでは失礼します」と頭を下げて帰ろうとしましたら、

「すうくんの習字道具、教室にまだ置いたままです。トキくんも、ですけどね」

と言われましたので、別の棟の教室まで同行しました。

習字道具を預かり、始業式についての学年だよりを1枚いただき(これも学校に忘れてきたようです)、まだ机中にあったプリントを回収し、教室の落し物箱をチェック(すうのものはありませんでした)。

今度こそ帰ろうとしましたら、

「・・そういえば、さっき教頭は誰とも話してなかったな。今、時間作れるかどうか、ちょっと聞いてきます」とコアラ先生は職員室へ。

「エ」 予定外。何も準備してない。困ったな。でも、学校やコアラ先生にしたら、こういう面談は都合のつくときに済ませてしまった方がいいのかな。と、私が廊下で葛藤しておりましたら、

「え、今から?いったいぼくが何を話せばいいんですか」と教頭先生の声。廊下まで丸聞こえなんですけど・・。コアラ先生、たまたま手が空いていそうな教頭に、いきなり振ったんだな~と分かりました。

いったいどんな振り方したんだろ。「特別支援対象の子どもの保護者が、学校側と話したいと言っています」とでも?まあ、それは間違いではないけど。

とりあえず、教頭先生が案内してくれたのは、放送室でした。コアラ先生が「私はどうしたらいいでしょう」と言うので、同席してもらいました。

ああ、混乱しています。やっぱりこういうことには準備してかからなきゃ。すうのサポートブックモドキを作ろうと思っていたのになあ。

しどろもどろの私が何とかお話できたのは、

①今年度、落ち着いて過ごせたことのお礼(教頭、コアラ先生に「そりゃよかったね~♪」連発)

②本人が予想外や予定外に弱く、パニックの原因にもなりやすいこと

③穏やかなクラスでは安定しやすいこと

④できれば、担任は男性がいいと本人が言っていること

がきれぎれに、でした。よよよ~(泣)。

教頭は終始にこやかに聞いてくださいましたが、この人にすうについての予備知識は全くないようでした。

「どこか(医療機関)にかかられてますか」

「結局、必要な支援とは、パニックのときに集団から離すことですかね」←う===「教室でパニックを起こしていると、自尊感情が損なわれる」と補足しましたが・・。

「いやいや、まだ、新年度の担任も決まっていない時期ですので」←だから、面談する時期なんじゃないの?

だれか、私を今日の振り出しに戻して~!そしたら、もっとできることあるハズ!

みなさん、面談にはしっかり準備してかかりましょう。

予期せぬ急な面談は、日程変更を申し入れたほうがいいです。

最後の最後で、コアラ先生は大変アバウトな仕事をされました・・・。

|

« 日曜がだいなし | トップページ | うちの子たちの春休み »

小学校で」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教頭先生と面談:

« 日曜がだいなし | トップページ | うちの子たちの春休み »