« 今日から4年生 | トップページ | ドラマ「バッテリー」 »

食費と手間がかかる

すうの偏食のことは、何度も記事にしてきました。

本人にチャレンジする気があれば、いろいろ食べてみることはできると思います。でも、自分以外の人から勧められて食べるのは、あまり好きじゃないみたい。無理させたり、口に合わなかったりすると、とたんに調子が悪くなります。こっちもブルーになります。給食、いったい、どんな顔をして食べているんでしょうね。こっそり見てみたいです。

このところ何年も、家ではごくごく狭い選択肢の中から「すうにはすうの食べられるもの」を作って食べさせてきました。単品好みのすうなので、肉をジャッと焼く、きゅうりを切る、キャベツを切る、といったシンプルな作業ですので、まあ、私が苦に思わなければ、それはそれでいいわけです。

しかし、本日、3匹100円のイワシを買ってきて、梅酒としょうゆとしょうがで煮てみました。私とモモとプーに一匹ずつ。なんと、経済的なおかずであることか!すうのために炒めた皮なしウインナー(あらびきはあまり好きではないそうです)は一袋に小さいのが10本程度しか入っておらず、168円。

う~ん、手間は仕方ないが、ちゃんと集計してみたことも、何かと比較してみたこともないのですが、うちの食費って、結構かかってるんじゃないのかなあ。

お菓子大好きなモモに、毎日何かのお菓子は買ってしまうし、朝みんなと朝食を食べる余裕もないプーに持たせる菓子パンだって、食パンよりは値がはる。

おまけに、「手間がかかる」のを言い訳に、料理全般、エブリデー手抜きだ。今日はあととうふのみそ汁、もやし炒め、発芽玄米まじりの麦ごはん、冷凍枝豆、すうにはキャベツだった。

う~ん、すうの偏食を直すのは無理でも、なんとか現状を抜け出したいなあ。

|

« 今日から4年生 | トップページ | ドラマ「バッテリー」 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食費と手間がかかる:

« 今日から4年生 | トップページ | ドラマ「バッテリー」 »