« ひさびさのんほいパーク | トップページ | また山歩き »

セーフ!

3学期の終わりごろ、コアラ先生にお願いして、どうなったか確認していなかったことがありました。

学年の最初に配布され、毎年書き足していく「保健調査」「個人指導資料」というふたつの資料に、私がすうの障害名を記入してしまったので、それが始業式の日に本人の目にとまらないようにしてほしい、というお願いでした。

すうは、自分の障害を知りません。成長して耐性がついて、知らずにやっていけるなら、それでいいと私は思っています。

さて、すうの体操服の袋から出てきた、持ち主の分からない体操シャツを届けに午後学校へ行ったおりに、そのことを確認しようと思いましたら、

あいにく会議中で、体操シャツを事務員さんに渡すことしかできませんでした。

いやいや、この時期は会議や打ち合わせばかりで忙しい時期だとわかっていますが、それにしても、なんというか、愛想ないですね。ピンポンを押してインターホン越しに名乗っても、「ただいま、会議中ですので」とピシャッと言われたよ。「それでは、かくかくしかじかですので、この体操シャツを郵便受けに入れていってもいいですか」と言ったら、事務員さんが玄関まで来てくれました。

さてさて、夕方、うちの玄関わきのすうから離れた部屋から、学校に電話を入れました。

コアラ先生に、資料の件、どうなりましたかと尋ねると、「申し送りはちゃんとしてありますよ。これらの資料、封筒に入れて、すうくんに渡せばいいですよね」

・・・アカンて。ダメだよう。

「ミルナの禁」!他の子はむき出しの資料を配られてるのに、自分のだけ封筒に入ってたら、そりゃ開けて見たくなるの、あったりまえでしょ。よかったよ確認して。

「先生、サラの用紙さえいただけたら、私、書き直して持ってきますけど」

というわけで、再びコッソリ学校へ。すうが寝てから、書き直しました。

コレを月曜に学校に提出するでしょ。火曜の始業式に担任から配られるでしょ。おお~、OK!

はあ、ギリギリセーフでございました。先生のアバウトさに救われた1年でもあったし、はらはらした場面もありました。

・・・しかし、去年、面談の申し入れをした私にコアラ先生が「お話、聞かないといけませんかねえ」なんていうもんだから、思わずこの資料に障害名と主な特性を記入しちゃったんでした。

|

« ひさびさのんほいパーク | トップページ | また山歩き »

小学校で」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セーフ!:

« ひさびさのんほいパーク | トップページ | また山歩き »