« トラブル発生。 | トップページ | モモ、大いにうろたえる »

前向きにいけた

さて、今朝のすうは普段と同じように登校いたしました。

モモもプーも出かけていき、家には私とちびこ。

8時を少し過ぎて、電話が鳴りました。キボリ先生からです。

朝の忙しい時間ですので、端的に昨日すうが話していたことを伝え、「いったん嫌な思いを味わってしまうとそこから切り替えが難しいので、学校でトキくんと接触すると、パニックやフラッシュバックを起こすかもしれません。それと、トキくんのことを叱ってほしいとは思っていませんが、彼の関わり方がちょっと気がかりなので、気をつけてみていてほしいと思います」とお話しました。キボリ先生は淡々と「はあ、分かりました」とおっしゃいました。トキくんはクラスが違うので、トキくんの担任の先生(学年主任のブー子先生)に振ってくれたほうがいいかも。

会社でも、すうは学校でどうしてるかな、と気になっていました。ありがたいことに本日は比較的ヒマだったので、助かりました。私、最近、仕事でポカが多いのです。

さて、家に帰り、普段はしない洗濯機のホコリを綿棒で取るようなことをしていましたら、すうが帰ってきました。えらく、元気です。

「ただいま!あのね、トキと仲直りしたよ。今日の昼休みに話し合ったんだ。そしたら、お互いに思い違いしてたことがわかったんだ。それに、ついにオレ、草野球チームを作ったよ。トキをピッチゃーとして迎えることにしたんだ。今んとこふたりだけどね」

???

すうはコーフン気味です。

「ふたりで話し合ったの?」

「ううん、ブー子先生もいたよ。それで、最初にオレがしたと思ってた約束、トキはそう思ってなかったって分かったんだ。勘ちがいならオレもよくあるからさ、『ごめんね』『 いいよ』って、お互いに言い合ったんだ。別のやつに首をしめられたのも、トキの指示じゃなくって、約束してなかったオレが現れたから別のやつが驚いちゃって、それでそいつが首をしめたんだって(・・それもどうなんだろ)」

すうはとってもすっきりした様子です。かえって私の方がやや困惑ぎみです。昨日、遊びから帰って号泣して訴えた「つまはじきされたシーン」は、かなりなキミの思いこみだったわけ?そして、「トキくんとは少し離れた方がいい」と話していたにもかかわらず、再び接近してるわけね。まあ、私の思い通りにはなりませんよね。すうが楽しければ、いいのです。でも、今まではこうしたトラブル、こんなにスッキリ納得できたことなかったな。これもちょっと成長と思っていいのかな。

おつかいに出たついでに、職員室をのぞいてみました。

折りよく、キボリ先生とブー子先生が話しています。そこへ行って、うまく介入してくださったことのお礼を言いました。ブー子先生は「昼休みにね、すうくんが『昨日、トキがさあ・・』って訴えてきたわけよ。それで、トキくんが意地悪していたらアカンと思って、トキくんも呼んで話を聞いたの。そしたら、そのとき公園にいた男子が集まってきて、あれこれ自分の見てたことを教えてくれて、いろいろ分かってきたみたいだよ」

「それでね、『○○がすうの自転車、ガシャーンってわざと倒した』って聞いたから、○○にも注意して、『すうが、逆ギレして、しねとかバカとか叫んでた』って聞いたから、『そんな言い方しちゃダメ』ってすうくんにも注意したからね」と教えてくれました。

夜、すうが言いました。「ブー子先生って、案外頼りになるなあ」

「あのね、給食残すなとか、漢字もっと練習しろとか、子どもたちにしてみればウザイことばかり言うと思うかも知れないけど、ブー子先生、とっても子ども思いなんだよ。困ったとき、相談してみるといいよ。きっと、今日みたいに話聞いてくれるよ」

小学校では、子どもを一斉に下校させます。少なくとも、クラス単位で一斉に帰路につく、というのがキホンなようです。もちろん、下校途中の安全のためです。たまには、宿題が提出できていない、図工の作品ができあがっていない、などの理由で居残りが課せられることもあります。しかし、「この子とじっくり○○について話す」ような機会は、先生がたにはほとんどありません。もちろん、各委員会や学年の打ち合わせなどの会議や出張など、授業後も予定てんこもりです。しかし、そういう機会を持つことによって、クラスがまとまったり、子どもの心がちょっと安定したりするようなこともあるんじゃないかなあ。先生がたに、ゼヒ、「ゆとりの時間」を!

|

« トラブル発生。 | トップページ | モモ、大いにうろたえる »

小学校で」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです!うちもこの手のトラブルはしょっちゅうです(泣)
しかも必ずと言って良いほど双方の言い分が違っていて
そしてうちは手が出てしまうので(-_-#)
うちが悪くなってしまって親としては涙・涙です(T_T)
でも転校してきてから、(相変わらず思い違いからのトラブルは頻繁ですが)先生方が子供を理解してくれようとしてるし
特学の先生がサポートしてくれているので
前の様に周り中敵だらけという雰囲気はなく、
ずいぶん気は楽になりました
が、いつまでこんなんなんだろう…と、ほとほと疲れ切ってしまうこともしばしばです(v_v)↓
すうくん、お友達と上手くいって良かったです(*^^)v


投稿: アズキチ | 2008年6月12日 (木) 17時53分

アズキチさん、お元気ですか?

低学年、とくに2年生のときはトラブルがよくありました。でも、本人にしてみれば、がちゃがちゃしたクラスで余計に落ち着くことができず、トゲトゲした雰囲気で常に責められているような苦痛を味わっていたようです。環境に影響されやすい子たちですからね。

今回のことで、周囲とは少し違うペースやルートながら、ちゃんと成長していくのだな、と思いました。話しやすくて聞いてくれる大人を見つけられたのもよかったです。

これからは、つきあいやすい友だちを見つけることが課題だと思っています。ワルい子たちのパシリにされませんように(願)。

投稿: えみりー | 2008年6月12日 (木) 20時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前向きにいけた:

« トラブル発生。 | トップページ | モモ、大いにうろたえる »