« もうすぐ夏休み | トップページ | 不注意全開! »

通級の先生と話す

さて、今年度から、「通級を受けない」選択をした、すう。

1学期の様子を報告するべく、本日夕方、久々に通級の先生とお話をして参りました。

私は、通級の先生がとても好きです。いままで、大変なとき、たくさん支えていただきました。

多少の浮き沈みはあっても、この1学期、休まずに登校でき、パニックや大きなトラブルもなく、落ち着いて過ごせたこと。

世界遺産や楽器など、興味の幅が広がっていること。

正統派優等生にあこがれていること。

相変わらず、女子が苦手なこと。

などなどです。

通級の先生も、時折見かけるすうの様子を話してくださいました。

ね、こうやって、いろんな先生が見ていてくださることがありがたいのです。

去年は、プーと私が小学校へ出向いて、コアラ先生と通級の先生の4人で、特別支援個別計画原案を立てる相談をいたしました。

今年は、どうするんだろうと思いつつスルーしてしまっていたのですが、担任のキボリ先生がご自分で書いてくださり、それが、「自己肯定感を高める」といった、とてもイイものだったようで、「(今年の担任が)キボリ先生でよかったと思うよ!」と通級の先生は言ってくださいました。

すうの特性は直るようなものとは違いますし、周囲の影響が大きいと思いますので、まだまだ安心はできませんが、毎日を大切に見守っていきたいと思い直しました。「その日その日をハッピーエンドにしよう」

|

« もうすぐ夏休み | トップページ | 不注意全開! »

小学校で」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 通級の先生と話す:

« もうすぐ夏休み | トップページ | 不注意全開! »