« ADHD的な本日 | トップページ | なっちゃん先生との面談 »

はじめてのPECS

本日は中島先生のセミナーでした。

2・3日前に「私、29日はセミナーだから1日いないからね」とプーに言ったところ(もちろん口頭でプーのOKももらってあるし、台所のカレンダーの4月29日のところには「えみりー セミナー」と1ヶ月くらい前から書いてあるんですよ)、「え~、なにぃ、また、1日どこへも行けないじゃん~」と。ムカッ(≧ヘ≦)キミは日曜に1日ゴルフに行ったばかりではないか。夜まで帰ってこなかったではないか。私が急いで作った夕飯は結局ほとんど食べなかった(8時過ぎに帰宅して、ピザ食べてきちゃった、とか言ってましたね)し。どうして「私の不在=自分の不自由」となるのよ!?

私は、プーの不在=やったー、3人で遊びに行っちゃえ!(*゚▽゚)ノって思うんだけどな。モモもすうも楽しめるところはどこか考えるのも楽しくて、それでこないだは名古屋市美術館と科学館のハシゴコースにしたんだけど。

プーはホスピタリティの気持ちが少ない人です。ぢぶん優先なのだ。あんなに大切に育てられた様子なのにね。まあ、仕方ないと思っておきましょう。

さて、セミナーでした。講師はピラミッド・ジャパン(株)の服巻繁先生。聞きやすい声のお方でした。座学をするときって、声質は大事です。

PECSは、「絵カード」を手段にコミュニケーションを取る、自発を促す方法です。漠然と知ってはいましたが、きちんと学ぼうと思ったのは最近です。

すうは、「書いて示さないと伝わらない」子ではないと思います。注意さえそれていなければ、音声指示がはいるタイプだと思います。でも、小さいときからのことを思うと、彼は拒否がうまくない(ええ、私もモモもです)。大抵のことは「いいよ」と言ってしまい、ストレスになる。そして、交渉もおそらくうまくない(ええ、私もです)。コミュニケーションのキホンということで、本日学んだことはきっとプラスになると思います。

ところで、50人(ほとんど専門家でした)の受講だったんですが、私の隣に座っていた知多方面の通園施設の保育士さん。ずえったい私と似たタイプ。机の上にやたらとモノを置く。筆記具あれこれ、飲み物、お菓子。結構使いこんである携帯は落としたらしく、表面にヒビが入っている。乾燥が気になるようで、リップクリームや軟膏を時折使っている。なんだかうれしくなってきてしまいました♪彼女は職場でもPECSを普通に使っているようで、よく知っていました。2daysコースも受講すると言ってたっけ。勉強熱心な職場で、毎週誰かがなんらかのセミナーや講座を受けているそうです。でも、その通園施設で作成したその子に関する資料が小学校では全く使われない、小学校と全く連携が取れないということにジレンマを感じておられました。

帰宅したら6時少し前でした。プーがカレーを作っていました。朝、そうするようにミッションを出しておいたのです。大変手ぎわが悪く、見ていると笑えました。あと1時間早く始めると、しっかり煮込んで美味しくなるのになあ。圧力鍋は短時間で料理ができるというのがうたい文句ですが、圧力をかけたら火をとめてそのままにしておくのです。そうすることで、煮込んだ味になるんですね~。

できあがったプーカレーはいまいち(ルーはジャワカレーの中辛使用)で、すうは「ヘンな味~」と泣きながら食べておりました。「ま、野外学習のカレーはこれよりもっとすごい味だからさ、練習練習」と促したのです。

ところで、私の留守中、すうはプーとJRで名駅に出たそうです。駅裏のビックカメラでベイブレードを探したらしいのですが、やはり見つからず。どこも品薄です。そして、iPodで使うヘッドフォンを以前からすうが欲しがっていて(つまり、音刺激を遮断するイヤーマフ代わりですね)、それもビックカメラで探してみようということになったのですが、すうがトイレに行きたくなってしまったものの、どうしてもビックカメラのトイレには入れなくて、そのままJRに乗って帰宅ということになったみたいです。やっぱり、すうのトイレ事情は大変だ。

|

« ADHD的な本日 | トップページ | なっちゃん先生との面談 »

自閉症などのお勉強」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はじめてのPECS:

« ADHD的な本日 | トップページ | なっちゃん先生との面談 »