« へんてこ電話 | トップページ | こしいた。 »

佐藤 暁先生のお話

この土日、中島先生のセミナーに参加してきました。

講師は岡山大学の佐藤暁(さとる)先生。

以前にも佐藤先生の講演を聞いたことがあり、学び始めたばかりだった私はいたく感動したのでありました。

田中康雄先生とか、佐藤暁先生とか、どうして話を聞くだけで泣けちゃうんだろう。

私のこころの琴線に触れるような言葉をお持ちなのだろうと思います。佐藤先生があったかく「あの子たちはね」と言われるだけで目がうるうる。しかし、私がぼろぼろ泣いている場面で、ナゼカ一緒に講演を聞いている学校の先生らしき方たちは笑うのだ・・(私がずれているんだよね、きっと)。

土曜は小学校参観だったので、午後から参加しました。

そうそう、テーマは「困り感に寄り添う支援、生きにくさを支える理解」でした。

1日目は主に保育の場面、2日目は主に小学校での授業づくりについてでした。私は保護者の立場で聞いているのですが、なんのなんの、ちょっとした言葉の選び方やアプローチのしかたなど、日常生活にも大切なヒントをたくさんいただいてきました。

たまたま、すうに発達障害があった、から、こういう分野のことを学びたいと思うようになったのですが、そして、中島先生がとても魅力的なセミナーを開いてくださるので、学ぶ機会にも恵まれている、のですが、

勉強は楽しい。素人が自分の子のことをもっと知りたいと思っているに過ぎないのかもしれませんが、何を聞いてもナットクがいく。セミナーで聞いたピースが、すうというパズルにぴたりとはまるような気持ちがする。

しかし、講演中は過集中状態ですので、帰宅するとぐったりくるのです。私はそれほどタフではありませんので。今週はゆるゆる過ごして、回復したいと思っています。

うわーヽ(´▽`)/このエントリで、記事数が900だあ。

|

« へんてこ電話 | トップページ | こしいた。 »

自閉症などのお勉強」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佐藤 暁先生のお話:

« へんてこ電話 | トップページ | こしいた。 »