« こしいた。 | トップページ | 今日で11歳 »

久々に・・やっちまったなあ。

今日はプーは会社が休みで、私は昼前に会社を早退して外科のリハビリ(本日は午後休診なので)。その後2時から中学の進路説明会。

プーは午前中は私が干しきれなかった洗濯物を干し(なに、ほんのわずかです)、その後近くのスーパー銭湯へ行って岩盤浴で汗をかき、帰宅したものの汗が引かないのでまたシャワーを浴び、一応すうがふだん学校から帰ってくる3時前には家にいるようにしてくれたみたいです。

進路説明会が終わると3時で、帰る途中で雨が降り出しました。説明会の途中から雷の音が聞こえていたのです。私は自転車だったので、あまりスピードも出せず、トロトロと帰ってきました。

そのまま雨の降り方は強くなり、ちょうど計らったように、ふたりの下校時間に雷&夕立。

今日はすうもモモも傘を持っていません。置き傘もありません。

プーに車で小学校からの帰り道の様子を見にいってもらったのですが、「歩いている子どもはひとりもいない」と言って即帰ってきました。

小学校から緊急メールが入り、「委員会も終了していますが、雷雨がはげしいので、様子を見て4時ごろ下校させたいと思います」とのこと。傘を持って、委員会の教室へも行ってみたのですが、4年のときの学年主任・ブー子先生から「4時までみんな宿題させてます。すう、雷やんだら、自力で帰れるかな?」すうはうなずいていました。昇降口のクラス傘立てにすうの傘を置いて、今度は中学校方面へ向かって、モモを探しました。いたいた、手を振っています。りーちゃんの折りたたみ傘にふたりで入ってるから、ふたりともズブ濡れ。車に乗せて、まずりーちゃんちのマンション、続いて我が家へ。

モモと私が帰宅して少し経ったら、すうがほぼずぶぬれ状態で帰ってきました。届けた傘の柄がぽっきり折れてしまったとのころです(lll゚Д゚)金属製の傘の柄、折れるもんなんだ・・。今の傘は5年生になってから使い始めたもので、前のは4年生のほぼ1年間使えた(初の快挙です!!)ので、この傘もしばらくイケそうだと思っていたのですが・・。まあ、非常時に備えて、すうは必ず傘のストックがありますので、次に雨が降ったら、これを使ってもらおう。ちなみに、低学年の頃、100円ショップの傘はほぼ使い捨てでした。安かろう悪かろうだったのか、それほどまでに扱いが雑だったのか(今でもよく傘を地面にひきずって、私に注意されています)。今使っているのは、スーパーの安売りで500円前後の商品です。

雷雨騒ぎで、帰ってきたときのすうの様子など、あまり気をとめていなかったのです。

夕飯の支度をやりかけていた5時過ぎに、なっちゃん先生から家の電話に連絡が入りました。「今日はトラブルがあったんです。同じクラスで班も一緒の男子が、すうくんをくすぐっちゃったんですが、すうくんがいやがっていたんですけど、ふざけてやめなかったんですね。そうしたらすうくんが彼の顔面にパンチをしてしまって、彼の目の辺りが赤く腫れてしまったんです。」ガーン。すうは首まわりとか、過敏なんだよね。美容院では首からうなじにかけてハサミをちょきちょきされただけで、「うきゅー」ってなってしまう。もちろんバリカンもかみそりもNG。学校ではあまりそういうトラブルが過去になかったもんだから、先生にも特別何か断ったこともなかった。しまった。来年からはサポブに加えなくては。

「すうくんの様子から、これがお母さんの言われていたパニックなのかなと思い、みんなから離して落ち着かせ、話をすることができました。そして、『何がいけなかったのか』『どうすでばよかったのか』をすうくんから言ってもらうこともできましたし、相手の子も『しつこくしちゃったから自分も悪かった』と言ってくれましたし、帰るころには腫れもだいぶ引いていたので、もう大丈夫かなー、と」

それでも、ケガをさせてしまったし、すうから手出ししてしまったこと(しつこくされたとはいえ、一般的には先に手を出した方が悪いのですからね)を相手の子のうちに電話をして謝罪したい旨をなっちゃん先生に伝えました。すると、「それでは、相手の子のお母さんに、電話番号をお伝えしていいか、確認を取ってまた折り返しかけますね」と言われました。名簿も連絡網もありませんからね。すぐに、また先生からかかってきました。「相手の子のお母さんは、『きっかけはうちの子からですし、男の子同士のことですし、もう大丈夫ですから』とのことでした」

パニック。久しぶりです。すうはパニックのあった日でも、何食わぬ顔で帰宅します。彼の中では終わったことなのかもしれません。それとも、気持ちの中は「やっちまった」感でいっぱいなのかも?今日は雷雨でバタバタしたので、様子をあまりしっかり見ていませんでしたが。

1~2年生の頃はパニック多かったな。からかわれたり、ちょっかい出されることも多かったし。

電話を切って、ゲームをしているすうに話しかけました。

「すう、今日、学校で何があったの?今なっちゃん先生から電話あったんだけど」

ゲームの最中だけあって、すうは電話のこともあまり聞いていなかったみたい。あまり反応がありません。

「クラスの男子のこと、グーパンチしちゃったんだって?」

すうはうなずきました。「ああ、そのことか」

「すう、くすぐったがりだもんね。どこをくすぐられたの」

「・・・首とか・・おなかとか・・」

「やめてくれって言ったの?」

「言ったけど、聞いてもらえんかった。それで、たたいちゃった」

プーが家にいましたので、「どんなときでも、殴ったりしたら、いかんのだよ」と軽くお説教が始まりました。「目の周りや頭は、殴られるとどうなっちゃうか分かんないでしょう。あとで目が見えなくなったり、いろいろこわいことも起こるから」

しかし、すうはパニック突入していたのだ。すうの小さなコップはあふれていたのだ。そういうときにどうやって自制心を?判断する力を?また、通級の先生と読んだ「みんなのルールブック」を読み返すときが来ているのかもしれません。

それと、昨日から私の腰痛の通院が始まり、普段と異なる夕方の過ごし方(昨日なんて、私は7時過ぎまでずっと不在だったし)で、すうに負担がかかっていたのかも?明日は金曜日。のんびりと週末を過ごしたいものです。

でも、花粉症の薬で、いつもどおり、おだやかに眠れたすうでした。

|

« こしいた。 | トップページ | 今日で11歳 »

小学校で」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久々に・・やっちまったなあ。:

« こしいた。 | トップページ | 今日で11歳 »