« 誕生日でした | トップページ | 算数テスト 家でやり直し »

算数のテスト。

1学期の個人懇談で、算数の小数の割り算でつまづいているようだ、となっちゃん先生から教えてもらいました。

算数に苦手意識のあるすうに、計算問題を大量にこなさせるのは難しいと思い、夏休みの間、コピー用紙に計算ドリルレベルの問題を私が書き(1枚に4から8問程度)、間違えたところはその場で直すことを、たぶん20回くらいはしたと思います。

かけ算はそれなりにできていて、割り算もまあソコソコ・・でも「割り切れるまで計算」とか「概数で答えを出す」ことは苦手なんだな、と分かりました。

すうは「教室では、いつもあせっちゃうんだ、オレ。うちの方が落ち着いてできる」と言っておりました。

さて、本日持ち帰った算数のテスト。内容は「小数の割り算」です。じゃーん、15点。あれっ、最初の計算問題は採点ミス(3.6÷9=4にマルがついている)だから、ほんとは10点だよ。見事なまでに、ケアレスミスだらけ。ええ、先日の記事「うっかりだらけ」の続編ネタになりそうなテスト用紙です。計算問題の○はひとつだけ。文章題は式も違えば計算も違い、答えには単位がひとつもついていません。落ち着かずにテストを受けているすうの様子が浮かんでくるような。「再テスト」と赤で書かれて書かれていました。再テストの前に、いちどこの問題でおさらいしてみようかな。はたしてできるかな。

5年生から算数は急に難しくなります。問題を読み取る力、国語力も必要とされます。すうに「勉強のできる子」であってほしいわけではないけれど、「決まりに基づいて進んでいけば、答えにたどり着ける」こと、つまり、建設的な考え方を練習してほしいと思っているのです。どうも、彼は突拍子もない、根拠の乏しい論を主張することがよくありますので・・。

小学校時代、特に勉強でつまづきのなかったモモも、中学の数学では得意不得意のばらつきがかなりあります。数検の2級(高校2年程度)の一次試験に合格しているのですが。どうやら、彼女は、数字と文字の式をあれこれいじることが得意なようで、因数分解などは得意です。関数やグラフも好きみたい。それなのに、3けた引く2けた程度のカンタンな暗算が苦手です。図形も苦手と言っていました。かなり、不思議な娘です。きっと、同じ数学でも、脳の使う部分が違うんでしょうね。数検の勉強を始めたのが、試験の1週間前でした。公文で少しは高校レベルの勉強をしていたのですが、さすがにベクトルや三角関数は未踏状態。「いきなり練習問題をやろうとしてもできない。なんか、参考書買って」と言われ、赤チャートを買いました。こんな状態で、よく一次が合格したもんです(たしかに、ギリギリの合格点でした)。一緒に行ったミノも準2級(高校1年程度)の一次が受かりました。テンションが持続したら、一緒にそれぞれ2次を受けると言っておりますが。

こんなことを書くと、まるでモモが今の中学でトップクラスの成績、みたいに思われそうですが、そんな優等生ではありません。国語も社会も、理科の化学分野も苦手です。まあ、公立の普通科に進学できるでしょう、という程度です。相変わらず、いたってマイペースです。

すうは、どんな中学生になるんでしょう。

|

« 誕生日でした | トップページ | 算数テスト 家でやり直し »

小学校で」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 算数のテスト。:

« 誕生日でした | トップページ | 算数テスト 家でやり直し »