« スーパーで。 | トップページ | 春休み。 »

卒業式でした

先週の金曜日、すうは小学校を卒業しました。

落ち着かず、授業中に座っていることもできなかった低学年の頃、「自分の卒業式に出られないのではないだろうか」「『式の途中で立ち歩きしてしまうので、卒業式には出ないでください』と学校から言われるのではないだろうか」と私は心配でした。

去年、5年生だったときは在校生として、そして今年は卒業生として、普通に参加できていました。本人の成長もありますが、練習を繰り返して見通しが立っている、というのも安心材料なのでしょうね。

卒業証書を一人ずつ校長先生から受け取り、マイクに向かって将来なりたいものや中学への抱負を一言ずつ述べます。「中学生になったら、勉強と部活をがんばりたいです」「医者になって、人を助けたいです」などと言う子が多いなか、すうは「科学者になりたいです」と言いました。実際になれるかどうかは置いといて、夢がある、つきたい職業がある、というのはシアワセなことだと思います。

この6年間、いろいろなことがあって泣いたり笑ったりしてきましたが、中学生になったら、小学校のときに比べて、親子で距離を取るようになることでしょう。少し離れたところから、必要とされるときには手をさしのべるつもりで、見守っていきたいと思っています。

ところで、すうの卒業式ファッションは、ほぼオールお下がりでした。紺のシャツはららくんが着られなくなったもの、紺のベストは以前はsiちゃんのものでフリマに出して私がもらったもの、ベージュのコーデュロイのワークパンツはモモがはいていたものです。赤いタイだけ、買いました。靴は普段の黒いスニーカー。

男子は紺のブレザーが多かったです。女子はみんなAKBみたいでした。

式が終わると、運動場に出て、先生や友だちと写真を撮ります。すうは、どうも、こういう時間がいまひとつわかっていないようで、私とプーが彼を見つけたとき、ひとりでウロウロとしておりました。

|

« スーパーで。 | トップページ | 春休み。 »

小学校で」カテゴリの記事

コメント

遅くなりましたが、すうくん御卒業おめでとうございます。
>「『式の途中で立ち歩きしてしまうので、卒業式には出ないでください』と学校から言われるのではないだろうか」
僕も同じような思いを抱いていました。
息子のタオタオは幼稚園時代、父親参観日に教室から出てウロウロしていましたから。
今は「きっと大丈夫だろう」という思い(願い)はあります。
見通しが持てることでの安心感って大きいですよね。
すうくんが中学校生活も楽しめることを期待しています。

投稿: タオタオパパ | 2011年4月 1日 (金) 06時21分

ごめんなさい、コメントに気がつくのが遅れました(汗)。
どうもありがとうございます。見通しが立つのって安心できていいですよね。私たち大人でもそれは同じ。タオタオくんもますます成長されますよ。新学期、いい出会いがあるといいですね。すうは、あまりにもユルい春休みを送っていますので、テンポの早い中学校生活に少なからず面食らうだろうな、と思っています。時間がかかってもいいから、居心地のいい場所をみつけられたら、と思います。

投稿: えみりー | 2011年4月 3日 (日) 10時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卒業式でした:

« スーパーで。 | トップページ | 春休み。 »