« 野外学習説明会 | トップページ | 中学生男子はなんだかもう・・・ »

今年も熊野古道

今年のGWも、siちゃんと熊野古道に行ってまいりました。

今回のコースは「ツヅラト峠」です。昨年の「馬越峠」の次に人気のコースとか。

モモは、今回は同行できませんでした。部活最後の大会があるためです。

さて、シャトルバスを降りて予約しておいたお弁当を買い求め、一般道から山っぽい道に入ります・・・はず・・・あれ?歩けども歩けども、世界遺産とはほど遠いむしろ殺風景と言ってもいいくらいのセメント舗装の道。その道端には切り倒された丸太が積まれています。

「・・・あのさ、地図によると最初に石の柱の横を通ってそれらしい道に入るみたいなんだけど、その柱の横を通った記憶がないんだよね」

とsiちゃん。

私は、siちゃんと出かけられたのが嬉しくてややハイテンション気味に最近見たテレビ番組のことなどしゃべっていたのですが、「・・それに、正しいルートのはじめのほうに『ここから未舗装道路』って書いてあるけど、私らが来たのは延々セメントの道だよね」

おまけに、山道に入るまえには逆ルートで来た人たちに会ったのですが、山道に入ってから誰にも会っていないのです。

山道に入ってから一時間ほど登ってきてしまったのですが、ふりだしに戻ってみることにいたしました。ほとんど無言で下ります。速足で歩いたおかげで、30分ほどで熊野古道の入り口サインの、石の柱にたどり着きました。やっぱり道を間違えていたんです。戻ってよかったあ。

正しい道に入ると、いきなりそれらしいうっそうとした風景。私らが間違えて登った殺風景な道は、いわば熊野古道の景観を整えるための裏方用の道だったのでしょうか。一時間半ほど遅れをとってしまったので、気を引き締めて速足で登っていきます。帰りのバスに遅れると困るもんね。はい、地図どおりの目印が次々に現れました。最初から道を間違えていたなんて、なんておっちょこちょいなんだろう。笑ってしまいました。うん、私らしいよ。二度目ということもあって気が緩んでいたのかな。

見晴しのよい展望台でお弁当を食べ、休憩は少なめに取って、歩き続けます。あまり人に会いませんでした。これは、遅れたせいでしょう。今回もトレッキングシューズにふつうの靴下をはいてきてしまったのですが、やはり足の靴にあたるところが痛くなってきました。次こそ山用の靴下で歩かないと。山から出て、一般道をまた延々と歩きました。民家やお店のあるふつうの道をこんなに歩くなんて、せっかく熊野古道で味わった気分がもったいないような気持ちになりますが、バスの都合のいい場所まで出ないといけないからね。

道の駅に着いたのは、お迎え時間より一時間以上も早かったです。アイスコーヒーを飲んで休憩できました。パンフレットにはさまれていたチラシをよく読むと、今回行ったツヅラト峠コースは、普通に歩けばかなり時間が余るコースらしいです。オプションで温泉はいかがですか?と書いてありました。

GWで高速が大変混み合う中、運転手さんがとても健闘してくださいました。予定時刻からたった30分遅れで名古屋駅に到着でした。添乗員さんはおらず、トイレ休憩後の点呼や道の混み具合チェックややルートの変更などすべて運転手さんおひとりでこなさなくてはいけなかったので、大変な責任と重労働だったと思います。

これまた去年と同じ名古屋駅の地下街のきしめん屋さんで、夕飯を済ませて解散しました。

|

« 野外学習説明会 | トップページ | 中学生男子はなんだかもう・・・ »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年も熊野古道:

« 野外学習説明会 | トップページ | 中学生男子はなんだかもう・・・ »