ヒカル先生、ありがとう

卒業式のあと、教室でヒカル先生はクラスのみんなに

「何度も先生をやめようと思った」と、気持ちを吐露された、とすうが言っていました。

(すごくざっくりした説明です。全く順序だててもおらず、これだけです)

新聞に載った先生たちの異動のなかに、ヒカル先生のお名前はありませんでした。よかった、先生をやめてしまわないんだ、とほっとしました。

1年前、なっちゃん先生には自らすすんでオリジナルの恐竜マグネットを作ったすうでした。ヒカル先生には実のところ、そこまでなついていないようなのですが、「ヒカル先生、しんどくても辞めずにがんばったよね。だから、プレゼントしたいんだけど」と、私から頼んでひとつ作ってもらいました。火山が背景のティラノサウルスでした。

本日午後、ヒカル先生にそれを渡しに小学校へ行ってきました。おそらく、これが最後の小学校訪問になるでしょう。

先生は、コストゼロの牛乳びんのふたで作ったマグネットを見てにこっとしながら、「すうが毎週書いてくれる6-2ノートが楽しみでした」と言ってくれました。毎週末に出される自由勉強の宿題なのですが、すうは毎週恐竜やレアな生物のことを絵入りでかいていました。先生は赤ペンで感想や質問を書いてくれました。

「・・先生、しんどかったですね。それでも、私は先生が先生を辞めないでいてくれて、よかったと思ってます。うれしいです」と言って私は少し泣いてしまいました。「ごめんなさい、2学期の授業参観のときも、修学旅行の説明会のときも、見ていて先生がすごくつらそうなのはわかっていたんですけど、何もしなかった、できなかった」

「1学期まではすごくうまくいってたんです。2学期、運動会が終わったあたりから、僕が女子とこじれるようになってしまって。そうなると男子も好き勝手に振舞うようになってしまって。すうも楽しそうな顔をしていませんでしたね。ホントすみませんでした。」

「でも、卒業するときにはいい雰囲気になった、とすうが言っていましたよ」

「ええ、少しずつですけどね。僕、1学期の最初の頃は卒業式でボロ泣きだろうなと思っていたんですけど、そうはなりませんでした。でも、式のあと、教室に戻ったとき、みんなの前でレミオロメンの「3月9日」を歌ったら、反抗的だった女子たちが号泣して『先生、ごめんなさい』って言ってくれたんです」

うーん、そうだったのか。そんな素敵な結末、すうからは何も聞いてないぞ。そんないいラストを迎えられたのなら、先生辞めないよね。しんどかったことも、プラスに変えていけるよね。よかったよかった。あ!私は一体なんなんだ。へんてこ泣きおばちゃんじゃないか。うぎゃー、かっこわる~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わたしと こくご

すうが1年生だったときのテストをつづったファイルが出てきました。

国語のテストで、ファイルの一番上にとじてありましたので、3学期の終わりごろのものだと思います。

もんだい:じぶんによくにているとおもう子に、〇を一つずかきましょう。

① うちでおはなしの本をよむこと

  (  )すすんで本をよみます。

  (  )人にいわれて本をよみます。

  ( 〇 )本はよみません。

② 先生のおはなしをきくこと

  (  )先生のおはなしをよくききます。

  (  )ときどきは、先生のおはなしをききます。

  ( 〇 )先生のおはなしをあまりききません。

③ みんなのまえではなしをすること

  ( 〇 )はなしをするのがすきです。

  (  )はなしをするのがすきではありません。

  (  )はなしをするのはきらいです。

はい、すうは、1年生の頃から変わっていませんね。笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

卒業式でした

先週の金曜日、すうは小学校を卒業しました。

落ち着かず、授業中に座っていることもできなかった低学年の頃、「自分の卒業式に出られないのではないだろうか」「『式の途中で立ち歩きしてしまうので、卒業式には出ないでください』と学校から言われるのではないだろうか」と私は心配でした。

去年、5年生だったときは在校生として、そして今年は卒業生として、普通に参加できていました。本人の成長もありますが、練習を繰り返して見通しが立っている、というのも安心材料なのでしょうね。

卒業証書を一人ずつ校長先生から受け取り、マイクに向かって将来なりたいものや中学への抱負を一言ずつ述べます。「中学生になったら、勉強と部活をがんばりたいです」「医者になって、人を助けたいです」などと言う子が多いなか、すうは「科学者になりたいです」と言いました。実際になれるかどうかは置いといて、夢がある、つきたい職業がある、というのはシアワセなことだと思います。

この6年間、いろいろなことがあって泣いたり笑ったりしてきましたが、中学生になったら、小学校のときに比べて、親子で距離を取るようになることでしょう。少し離れたところから、必要とされるときには手をさしのべるつもりで、見守っていきたいと思っています。

ところで、すうの卒業式ファッションは、ほぼオールお下がりでした。紺のシャツはららくんが着られなくなったもの、紺のベストは以前はsiちゃんのものでフリマに出して私がもらったもの、ベージュのコーデュロイのワークパンツはモモがはいていたものです。赤いタイだけ、買いました。靴は普段の黒いスニーカー。

男子は紺のブレザーが多かったです。女子はみんなAKBみたいでした。

式が終わると、運動場に出て、先生や友だちと写真を撮ります。すうは、どうも、こういう時間がいまひとつわかっていないようで、私とプーが彼を見つけたとき、ひとりでウロウロとしておりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

見せしめに怒らない。

「今日さあ、トキがガチャガチャで取ったおもちゃのドリルみたいなのを学校に持ってきたんだって」

最近はモンハン・トークばかりのすうが学校であったことを語り始めました。

すう「それを別の奴が使って、ハヤトの頭の後ろ側を攻めたら、ハヤトが泣いちゃったんだよ」

私「・・なにそれ。授業中のことなの?」

すう「いや、帰るちょっと前のこと」

私「だいたい、トキくん、なんでそんなもの学校に持ってくるんだろうね。彼が必要ないものを持ってくるとなんかトラブルになるじゃん。前の大量ケシカスくんの時だってそうだったし」

すう「・・トキ、『見つかるワケない』って言ってる。完全にバレてるのに」

2月半ば、すうのクラスでは居残りがありました。対象は「必要ないもの・禁止されているものを学校へ持ってきたことのある人」です。居残りするのは、ヒカル先生と学年主任の先生から注意を受けるため。ただし、「〇〇を持ってきちゃったことがあります」と自己申告すれば、居残りは免除。すうの言うところの「サターン系女子(小悪魔どころじゃない、という意味だそうです)」はお菓子を持ってきてこっそり食べていたことを認めようとしなかったそうです。もちろんトキくんもPSPを持ってきてゲームしていたことを認めなかったそうです。そういう子たちを集めて、先生たちがどのように話をされたかは知りません。

私「ハヤトくんを泣かした子にヒカル先生はどう対処したの?」

すう「オレ知らない。隣の家庭科室でだったから。家庭科室は、家庭科の目的で使われるだけでなく、うちのクラスの説教部屋にも使われているのだ」

そうなんだ。ヒカル先生、みんなの前でその子を怒鳴ったりしないんだ。やっぱり、いい先生だ。

来週の金曜日は卒業式です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インフルエンザ B型

すうは今週、火曜日から学校を休んでいます。本日、インフルエンザB型にかかっていることが判りました。

月曜日、夕飯を食べていたら、「今日はなんだか欠席と早引きが多かった。動けなくなっちゃうくらい、調子が悪くなって下校する女子もいた」とのこと。そういえば、会社のパート仲間のところも、年長の娘さんがインフルエンザB型にかかったとの報告がありました。

「すうは大丈夫?」と聞いたら、「オレは平気」と言っていたのですが、食べ方を見て「?今日は食欲がない?」と思っていました。そのまま、夕飯をなんとなく途中で終わらせ、ピラメキーノを見にいくかと思いきや、布団に直行。平気とかいいながら、しんどいんじゃん。パジャマに着替えて、そのまま寝てしまいました。そのときは、平熱よりやや高め程度の熱でした。

翌朝火曜、すうが起きてきません。だいたい毎朝、スッキリとは起きてこないのが常なのですが、何度声をかけても起きない。ひょっとして、と思っておでこをさわってみたら熱っぽい。小児科では、「今朝からの熱なら、まだ反応は出ないかも」と言いながら、医師はインフルエンザの検査をしてくれました。この検査、ハナに細い綿棒を深く入れてハナの粘膜かハナみずを採取するのですが、痛くて不快そう~。結果は、陰性でした。「明日も熱が下がらなかったら、また来て」と言われました。この日は、すうはほとんど寝たきりで、水分(グレープフルーツジュースと透明っぽいゼリー)を摂ったのみです。モモとふたりの夕飯は静かでした。夕飯を作るのも、なんだかとっても簡単でした。私とモモはレトルトのスープカレーにゆで卵とアスパラを追加したもの。プーにはひき肉でキーマカレー。

翌朝水曜、微熱に下がっていました。ふうん、普通の風邪だったのか、と思い、小児科へは行きませんでした。ヒカル先生が夕方電話をくれたときも、「明日はいけると思います」と返事をし、すうは登校するつもりで、宿題も時間割りも済ませていました。

それなのに、その翌朝木曜は熱再上昇。そしてダルそう。??やっぱりインフルエンザなのか?と思い、小児科で再検査をすると、結果は陽性でした。うわっ、出た。「インフルエンザ B型です」と言われました。そして、「いつからかかっていたのか把握できませんので、一度服用すれば済む新しい薬を出します」と言われました。イナビルという、吸い込む薬でした。院外薬局で薬剤師さんから説明を受け、そのまま薬局のカウンターで吸引して帰りました。小学校にインフルエンザだったことを報告しました。

金曜も熱は下がったり上がったり。でも、インフルの診断も出たので、もう少し日数をかければゴールです。月曜には登校できるといいなあ。モモやプーにうつっていないといいんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スケート。

すうの小学校は、6年生はスキーに行く日がありました。モモも6年生のときに行きました。

しかし、今年からスケートに行くことになったのです。板は全員レンタルで、ウエアは持っていれば自分のを使う、なければレンタル、ということで、スキーは結構お金がかかります。スケートなら、靴はレンタルしても、着るものは普段着ですからね。持ち物はお弁当と手袋くらいだし。それに、スキーは長野県までバスで行っていたのですが、スケートなら名古屋市の大須のスケートリンクなので、JRと地下鉄で行けます。帰りの時間もほぼ予定通りです。

「6年のスキーのときに、ある程度滑れるようになっていたほうが楽しめるだろう」ということで、我が家は家族でスキーに行っていました。でも、ここ3年ほど行っていません。スキーに行くには、車にキャリアを取りつけたり、スタッドレスタイヤに替えたりしないといけません。まあ、そういう作業はほとんどプーがしてくれるからいいんですが、帰ってからもウエアや靴を干したりしなくてはならず、必ず筋肉痛にもなりますので、いろいろ億劫になってきてしまったんですね。そう、スキーに行くには、覚悟みたいなものが必要なんです。すうが小さい頃は、ゲレンデでパニック起こしたりしていましたしね。

スケートも、家族で行ったのはモモが小学生だった頃なので、プーとすうで予習に行ってもらいました。ええ、すうの希望で同じスケートリンクへ。少し滑れるようになって帰ってきたので、当日も楽しめるといいな、と思いました。

そして当日。楽しかったみたいです。家のカギを忘れていく、というオチがありましたが。この日はランドセルではなく、肩かけのかばんで行ったので忘れちゃったんですね~。家に入ろうとあれこれ試みたあげく、無理だとわかって、向かいのおばちゃんちから電話をかけてきました。電話をくれてもどうしようもないんだけどね。

すうは少し前から、siちゃんにもらった森見登美彦の「四畳半神話体系」を読んでいまして、彼がどの程度内容を理解しているのか分かりませんが、影響を受けていました。スケートのあとで書いた作文が、どうにもこうにも「四畳半」的な書き方で、笑えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

授業参観でした

先週、おそらく小学校最後の授業参観がありました。

「今年は前みたいに学習発表会はやらないよ」とすうが言いました。今、学校は授業時間を増やすことに一生懸命だから、学習発表会の準備や練習に時間を費やすのが難しいのかな、と思いました。

すうはあまり学校でのことを家で話さないし、うわさ的なことを吹きこんでくれる母友だちもいませんので、情報の末端にいるわけなのですが、どうも、すうのクラスはかなり落ち着かない雰囲気になってしまっているようです。中学入学を控えた、落ち着いているべきこの時期に。

授業参観は5時間目でした。科目は理科。

ヒカル先生がこれから行う実験の説明をしています。その、先生の視線の向く先に、心がずきんとしました。先生は、天井を、見ている。子どもたちを、見ていません。

男子はそれなりに授業に参加しています。挙手をして、前に出て実験のお手伝いに立候補したり、発言をしたりします。でも、全体にざわざわした雰囲気。

女子は授業には参加していません、という態度の子が何人かいます。彼女たちが、ヒカル先生に暴言を吐くメンバーなのいかしら。大人びてきた、足と髪の長い、この子たちに面と向かってヒドいことを言われたら、そりゃヘコむよな。

小学校ではえんぴつを使いシャープペンシルは使わない、というきまりがあるのですが(だいたいはその学年の先生たちできまりを作るようですが、すうたちの学年は子どもたちできまりを決めたそうです。とはいえ、6年生全員で決めたわけではないでしょう、きっと)、ヒカル先生はシャープペンシルを持ってきた子たちに注意されなかったそうです。そのあたりから、子どもたちが先生をなめてかかるようになってしまった感じだそうで。最近では、お菓子や携帯、ゲーム機を持ってくる子もいるそうです。すう、まさかアンタPSPを持ってってないだろうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

個人懇談。

今週、小学校の個人懇談会がありました。初日のいちばん最初でした。

ヒカル先生とお話するのは久しぶりです。11月の修学旅行前にいちど面談した方がいいかな?と思いつつ、修学旅行もきっとなんとかなるだろうと思い、そのままにしていました。

まず、修学旅行でおそらくかなりお世話をかけたであろうと思われますので、お礼を言いました。先生はほとんど眠れず、翌日は体調を崩してしまい学校をお休みしたそうです。それはそれは、とってもお疲れだったのでしょう。修学旅行説明会のときの、パソコン操作をしていたヒカル先生の元気のない様子を思い出しました。気になっていたのです。

運動会の組み体操でのがんばりをほめていただきました。高い所は苦手なのに、なんとかピラミッドの一番上で立てたこと。学習面では理科がよくできていたこと。そして理科の実験の片づけを手伝っていること(なに、理科準備室に入るのが目的なのです。恐竜のたまごの化石などが置いてあるそうです)。

いつも年度の始めの面談の折に担任の先生にお渡しして読んでいただいてきた「発達障害  はじめの一歩」(少年写真新聞社)を返してもらいました。私に本を渡しながらヒカル先生は「・・・すうのことを理解して接してこられたか、分かりません」とおっしゃいました。でも、そもそも、いい関係でいられさえすれば、いかにも支援、みたいな支援はすうにはさほど必要ないのです。

最近、教室で起こった「トキくん消しゴム盗難事件」のことをちらっと聞いてみました。普段、あまり学校でのことを話さないすうですが、トキくんのことだけあって、家で話してくれました。あくまでトキくんサイドでの話ですが。

トキくんは「ケシカスくん」消しゴムを大量に持っていまして、何千円分かを学校に持ってきたのです。それがほぼまるごとなくなりまして、イヤなことにある子のランドセルから出てきたのです。ランドセルの持ち主は泣いてしまうし、トキくんは「泣いたりして演技じゃないのか」とその子を疑っているし、おそらく教室はよろしくない雰囲気になったのではないでしょうか。「キミもその子があやしいと思ってるの?」とすうに聞いてみると、「・・・分からない」という返事でした。

ヒカル先生は「結局解決してないんです・・・6年生って、いろいろあるんですね」とぽつり。

1学期のはじめ、ヒカル先生は名前通り(って私が勝手につけたあだなですが)嬉しそうに輝いていました。その光が少し雲ってしまっているような感じでした。

すうの学年は低学年の頃からたちのよくない盗難がたまに起こっています。そんなかたちでしかストレスを発散できない子がいるんだなあと思ってきました。ヒカル先生、子どもたちとはしっかりかかわり続けないといけないんだけど、ダークな面にやられてしまわないでね。自分の時間も大切にしてね。なーんて思ってしまった個人懇談でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お土産って・・。

昨日夕方、無事にすうたちは帰ってまいりました。予定より少し早い到着でした。

学校まで保護者が迎えにいくのです。運動場に着くと、ぺこさんに会えました。

すうはなぜか靴のひもが左右ともほどけた状態でした。

一緒にうちまで歩いて帰ったんですが、すうがしてくれた話は「〇〇コースターは、昼どきには3時間待ちなんだってさ。だから、もし行けたら、朝いちばんに乗らなきゃね」でした。つまり、いつものこだわりトーク。

家に着いて、すうは買ってきたものを披露しました。

ちなみに、おこづかいは5000円まで。このおこづかいはプー母が出してくれました。モモいわく「あたしのときはばあちゃんからもらってない(怒)」・・・そ、そうだ、モモが6年生のときはすうが2年生で、すうの調子というか、プー母との相性、が悪くて、それこそ極力プー実家へは行かないようにしていたんだった。それじゃ、プー母から修学旅行のおこづかいも出ないわけで・・・いつもひっかぶるのはモモだ・・。

「全部使ってこなくてもいいんだからね。もしおつりが残ったら、それは普段のおこづかいにしていいよ。あと、うちと、両方のじじばば宅にはお土産を買ってくるように」と旅行前に何回か言い渡してあったのですが、前半しかやつは覚えていなかったようです。

金閣寺の置物、シカの置物、リストバンド、平安お姫様調鬼太郎の目玉おやじストラップ、新撰組調ドラえもんストラップ、白い招き猫。まあ、なんというか、自分の買いたいものだけ買ってきました、という感じです。

「それで、両方のじじばばには、何を買ってきたの」と私に聞かれ、固まるすう。・・・ほらあ、コロッと忘れていたというか、全く意識さえしてなかったというか、でしょう。苦しまぎれに「・・・これならあげてもいい」と指差したのは金閣寺の置物とシカの置物。うちには、手作り体験した生八つ橋だそうです。

両方のじじばばにはベーシックなニッキ味の八つ橋をお土産に、とでも指定しておいた方がよかったのかな?と思っていたら、「すうが自分のものだけ買ってくることなんて、想定内だ」とプー。だったら旅行前にプーがすうに話をしてくれればよかったのに。なんだよお。「だいたい、どこへ出かけても、すうなんか自分のものを買うことしか考えてないじゃない。そんなんで、修学旅行でじいちゃんたちにお土産を買うことなんてできるわけないよ」下地からしてできてない、と言うわけね。ムッ(゚⊿゚)なんだか、お父さんじゃなくてよその人が言うことみたいで、頭にきます。

それでは、やはり、じじばばには置物をお土産にすることにしましょう。じじばばにしてみれば、食べるものよりも嬉しいと思うかもしれないし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いってらっしゃい。

すう、1泊2日で奈良・京都方面に修学旅行に出かけました。

もう準備はできたものと思っていたのですが、昨夜9時ごろ、旅行前からつけるチェックカード(体温や体調、排泄などの記録)を教室に忘れてきたことが発覚しました。「ヒカル先生、金曜日に返してくれなかったもん」いやいや、同じクラスのトラちゃんはおうちにあるってさ。適当な言い訳をするんじゃない(`◇´*)

そして、今朝、プーが「すう、腕時計持っていかなくていいのか」と聞いたところ(プーはいつも細かいので、『もう、うっとうしいな(怒)』と軽く思っていた私)、「班でひとり、決まったやつが持ってくればいいんだ・・・あっ、オレだ!」と。やれやれ、すうの班が時計なしで行動する羽目になるところでした。プー、グッジョブ( ^ω^ )

まあね、こんな風にずっとうっかりはちべえ状態なんでしょうね、彼は。上手に周囲にサポートしてもらったり、自分で気をつけるすべを身につけていってほしいです。とはいえ、昨日は久々に私も爆発しました。「もう、何やってんの!」

今朝は6時35分ごろ家を出ました。

楽しめますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧